過去。射幸心を煽るという理由で段階的に規制が加わっていったんだ

過去。ある時期。
パチンコやパチスロをするのをギャンブル中毒者辞めたんだ。
それは到底。ギャンブルと云う物ではないと言う理由。


それとも
勝てなくなった?
お金がなくなった?
理由は、様々なのだろうけど
結構辞めたんだよね?


今いる人達は、おそらく
パチンコ、パチスロの機器に対する依存者。
音響や映像に対する中毒者。


その中毒者達を
新たなギャンブルの魅力へと導くギャンブル法案。


とても、とても、国会議員という人達は親切な人達かもしれない?
それとも、彼らは何らかの利権に食い込みたくて率先的に賛成したのかもしれない?


良く解らないのだけれど


彼らは、ギャンブルをしたくない。
ギャンブルと云う物は、余りよくないものだからね?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。