四季の物を好んで食べていた

四季に対する感覚が発達しているのではないかと思うんだ。


四季にある日突然現れる食材。
それにありつけなくては、その日を生きていくのも大変だから


日本人の色彩感覚。
ちょっと、特殊だと自分は思ってるんだ。


その土地から取れる絵具も関与しているのだけれど


やはり、他の土地とは、違う風景の色を捉える能力だと思うんだ。


四季の色を感じなくては、その日を感じては、生きていけないからね?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。