悪手が好手になる3

一年前。行われたAI棋士との対局。


それに対しての悪手。
AIの判断ミス(情報処理のミス)バグを狙った物。


最近。行われた囲碁とAI
そのAIの指した悪手。


プロでさえ、解説出来ないような手。
後に考えてみると、先の先を考えての好手。



今迄。定石と思われていた物を
簡単に飛び越した手を打ったのかな?と思うんだ。


囲碁と云うゲームは、奥深いといわれていた。
二人零和有限確定完全情報ゲームという分野で


チェスや将棋と言われるゲームより、奥が深く難しいと。


ゲームの素人AI
ディープマインド
その分野に対して、新たな解釈を加えたのかもしれないと思ったんだ。


備考。
二人零和有限確定完全情報ゲーム
誰でも、直観で解ると思うのだけれど
そのゲームの解はあるんだ。


それは、有限
人間には、無限と思われるゲーム内容なのだけれど
解はある。
コンピューターが力技でその解を求めたら
人間の手に負えないという物を予め感じていると思う。


でも、ディープマインド。
ゲームを通して自己学習する汎用のAIらしい?


自分には、何時もの様に良く解らないのだけれど


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。