間接的なスポンサーと云うのは、視聴者なのだよね?

こんな事。テレビ関係者も一般人も

誰でも知っている事なんだ。


テレビ局が不特定多数の視聴者に対し、良い番組を提供し、

視聴者が予め見て貰う事を想定し、



その視聴者に対して、

自分達の商品を知ってもらいたい。

自分達の存在を知って貰いたい。



という理由でスポンサーは高いCM料という

巨額なお金をテレビ局に対して、喜んで払うのだからね?


そんな事。テレビ関係者なら誰でも知っている事。


だから、その業界で生きる人は視聴率。

それを常に常に意識しているはず?


次に視聴者に対して、提供する番組でスポンサーから喜んでお金を

払って貰いこの先。食べて行くのに必要な事だからね?


そして、テレビ局は、国から公共の電波を使って良いという事を

認められた特殊な存在。


その電波の届く国民に対して、有益な情報を流す社会的な道義もあるはず。


自分達の提供する番組が社会的に有意義で、

視聴者にとって、有益で好まれるような番組提供を

しようとする義務。



彼らは、特権を与えられた特別な特殊な

存在なのだからね?




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。