そして、驕り高ぶったテレビ局。テレビ関係者かな?

「見たくなければ見なくて良い」

「嫌なら見るな」の様な類の言葉を一般人?視聴者?

に向けて言ったらしいんだ。




これは、まさに特権を抱えた殿様。

殿様商売を行っている人の言葉だと思う。


彼らは、一般人や視聴者を馬鹿にしていたのだよね?


その言葉を発する。その背景には、韓流ブーム?があったのかな?

その辺り?その後の発言だったと思う。


政治的な思惑や何か関わっているのかは、良く判らないし

自分は、分析や判断をする気もない。


でも、テレビ局。テレビ関係者は、

安く簡単に海外から映像を仕入れ、

それを、慢性的に視聴者たちに見せたのは、

間違いないと思う。

ある時期。ある一定期間。


そして、彼らは簡単にお金が儲けられた。


自ら働く意欲。自ら視聴者に対し面白い番組。

面白い映像を伝える気はなかったのにね?





テレビ局は、スポンサーがいて、直接お金を貰い。

適当に映像を流せばお金になると思っていたらしい?


視聴者を馬鹿にしているよね?


彼らは、慢心していた。己惚れていた。

彼らには、特権があったし、

報道と云う物を使い社会に対して、強い影響を持ち。与える力があるのだからね?


自らの力を過信し、己惚れてしまってもおかしくはないよね?




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。